出会いを求めるなら合コンや結婚相談所という選択もある

ニュース

2014/03/14
結婚を更新しました
2014/03/14
合同コンパを更新しました

変遷

meet01

出会いとはもともと、人と人、人とモノ、モノとモノが会うことを指す言葉です。
しかし近年では、男女が恋愛的要素を持って会うことを示す場合が特に多いです。
例えば、出会い系サイト等はその際たる例の一つと言えるでしょう。
以前、同様のサイトはいかがわしい意味合いを持つことが多かったです。
時には出会系がらみの犯罪が起こることも少なくありませんでした。
そのため、業界全体にあまり良くない印象を持つ人が少なくはありませんでした。
しかし、現在では真面目な出会を応援するコンセプトのサイトも少なからず登場しています。

有料サイト

現在の出会い系サイトで特に人気の高いものは、有料サイトであることが多いです。
男女間に利用額の差がある場合も多く、一般に女性の方が安い場合が多いです。
中には、女性は利用料完全無料というサイトも存在しています。
結婚相談所や出会い系などに代表される、第三者によって提供される出会いの場は、女性のほうが金銭的に優遇される場合が多いです。

お見合い

meet02

日本では以前、男女の恋愛としての側面の強い、出会いはあまりありませんでした。
日本で恋愛結婚が大衆に知れ渡ったのは大正時代とされます。
大正時代以前は、親同士で婚姻を決めるお見合い結婚が一般的でした。
大正時代に若者文化の中で、恋愛結婚は理想的な結婚の形とされるようになりました。
しかし、日本において実際に恋愛結婚が一般的になったのは、高度経済成長期以降の昭和時代と言われています。
現代ではお見合いで結婚するカップルの割合は全盛期に比べてかなり低くなっています。
概ね1970年代を境に、お見合い結婚と恋愛結婚の比率は逆転したようです。
これは、恋愛結婚の比率が非常に多くなったためと考えられます。